銘青会総務委員長日記31

令和元年5月18日(土)

銘青会の総会がありました。

私も会計担当として参加。

新年度の予算案も承認され、本年度も活動開始です。

タケノコ

IMG_20190422_111845.jpg

平成31年4月下旬

平成もあとわずかで、新しい年号に変わります。

今年もタケノコを収穫。

少し不作?

口伝によると、タケノコは豊作と不作を

一年交代で繰り返すようです。

来年は豊作かな。

天然出絞り丸

IMG_20190322_115139.jpg

平成31年3月

暖かくなり、磨き丸太の製造も

そろそろシーズンオフになります。

 

干し場には、天然の出絞り丸太が寒さらししています。

 

IMG_20190322_115355.jpgIMG_20190322_085820.jpg

椎茸が採れて、フキノトウが顔を出せば冬も終わりです。

積雪2019

2019年2月

宇陀市

DSC_0353.JPG

この冬は暖冬ですが、積雪。

昨年に比べると雪も少なめ。

助かります。

磨き丸太作り

平成31年1月

奈良県宇陀市

IMG_20190122_163418.jpg

年末から続く磨き丸太の製造も最盛期

寒さらしが終わり、

表面が乾燥したら、

屋内に取り込み、じっくり自然乾燥させます。

IMG_20190130_104528.jpg

磨き丸太の寒さらし

平成30年12月中旬

奈良県宇陀市

IMG_20181213_105912.jpgIMG_20181213_105933.jpg

年の瀬にむかう頃、

切り出した丸太を

樹皮を取り除き、切りそろえて

天日に当て、寒風にさらします。

磨き丸太として仕上がりの良否にかかわる大切な行程です。

銘青会総務委員長日記30

2018年12月2日 日曜日

森の恵みフェアーが開催されました。

場所は、全銘展の会場をそのままに、

広く一般の方や家族づれ方々を対象に、

 

食品販売や体験コーナーがあり

IMG_20181202_083205.jpg2018-1202-1.jpg

 

 

銘青会メンバーも、会場の見学案内に参加。IMG_20181202_085252.jpgIMG_20181202_130010.jpg

 

最後は、ごくまきで閉幕です。

IMG_20181202_143952.jpg

全銘展 平成30年

平成30年11月30日〜12月1日

奈良県銘木協同組合にて

全銘展が行われました。

1日目は、原木丸太の市

DSC_0327.JPG

2日目は、磨き丸太、銘木板、製品などの市

IMG_20181201_092312.jpgIMG_20181201_105754.jpg

銘青会の浜(販売スペース)も特設

IMG_20181201_114149.jpg

IMG_20181201_115944.jpg

熱気のある全銘展が、2日間行われました。

銘青会総務委員長日記29

平成30年11月15日

全銘展にむけての準備に参加

IMG_20181115_091711.jpg

板の陳列や磨き丸太の配置などに参加。

IMG_20181115_095632.jpg

菅原神社火祭り2018年

平成30年10月28日

宇陀市大宇陀田原の菅原神社の火祭り

本年は当屋の年で、タイマツも当屋の敷地内で製作

IMG_20181028_095209.jpg

IMG_20181028_113115.jpgIMG_20181028_095236.jpgIMG_20181028_101608.jpg

IMG_20181028_105301.jpgIMG_20181028_110326.jpg

夕闇を待って、点火。

DSC_0281.JPGDSC_0286.JPG

 

DSC_0300.JPG

DSC_0307.JPGDSC_0305.JPG

磨き丸太作り開始

IMG_20180919_113259.jpg

平成30年9月下旬

今年も磨き丸太の製造開始です。

秋の展示会

平成30年9月

IMG_20180920_120731.jpg

近畿地域の展示会へ参加。

会場で小径の丸太が不足している話を聞きました。

台風21号のあと

平成30年9月

近畿地方を通過した台風21号は、

平成29年の秋の大雨の復旧途中の山林、山林道に被害が出ました。

IMG_20180907_142321.jpg

奈良県宇陀市内近隣の山林道も川が詰まり、道が水に洗われている箇所がみられます。

心が痛いです。

IMG_20180907_143851.jpg

銘青会総務委員長日記28

平成30年7月北陸へ

奈良県銘木協同組合の職員さんと

今年の全銘展の告知へ行ってきました。

白樺の丸太を沢山置いているところもありました。

2018-7-19.jpg

あきの蛍能

平成30年6月16日土曜日

竹灯篭を制作

2018-6-16-2.jpg2018-6-16-1.jpg

蛍能の会場「阿紀神社」へ運び

商工会ブースの設営

2018-6-16-6.jpg

開園まで、時間があるので会場スタッフの姿だけです。

2018-6-16-4.jpg

2018-6-16-5.jpg

今年の演者さんも凄い人が来てくれてます。

2018-6-16-7.jpg

そして、夕方に竹灯篭へ点火

2018-6-16-3.jpg

高天原

奈良県宇陀市大宇陀

阿紀神社の近くに「高天原」があります。2018-6-16-01.jpg

2018-6-16-02.jpg

阿紀神社まできたらお立ち寄りください。

銘青会総務委員長日記27

平成30年5月

第42回の銘青会の総会も無事に終わり

会計を拝命です。

あきの蛍能 竹切り

平成30年5月19日

2018-5-19-1.jpg2018-6-19-2.jpg2018-6-19-3.jpg

商工会青年部のメンバーと

「あきの蛍能」の沿道を飾る

竹灯篭用の竹を切り出しました。

旗のサオ

2018-5-12.jpg

平成30年5月12日

三重県内の神社さんへ旗のサオに使用する杉の丸太を納品しました。

重機の入れる場所ではないので、

氏子さん達による人力で境内に納品でした。

鯉のぼりのさお

DSC_0927.jpg

平成30年4月上旬

鯉のぼりのサオを依頼され、切り出してきました。

大安吉日を選んで納品。

 

青葉のついた杉の木です。

サオの長さは、鯉の2倍の長さが基本だそうです。

平成30年 啓蟄から春分の頃

DSC_0876.jpg

平成30年3月下旬

暖かくなって、木の伐採期が過ぎるのが

啓蟄のころ

倉庫の周りの草むらでは、つくしが顔をだします。

 

伐採期が過ぎるのは、

年輪が硬い冬目から、柔らかい夏目になるから

夏目はツヤが無いので、磨き丸太には向かないです。

 

春は展示会シーズンです。

参加する機会は減りましたが、

出品する展示会も有ります。

DSC_0879.jpg

大阪へ

DSC_0862.jpg

平成30年3月13日

大阪へ配達。

雨の降りそうな日は、防水対策に

商品をチューブに入れて配達です。

 

道路の凍結の心配をしなくてよいので、

一安心です。

2018年磨き丸太製造

平成30年2月

DSC_0839.jpgDSC_0841.jpg

山林からの木材の切り出しも最盛期です。

DSC_0840.jpg

桧も切り出しました。

DSC_0842.jpgDSC_0852.jpgDSC_0835.jpg

寒い日が続くなか、お天気と相談しながら磨き丸太製造しています。

平成30年宇陀初えびす

DSC_0703.jpg

平成30年2月11日

宇陀市大宇陀で、恒例の初えびすがありました。

当日は、インフルエンザのため不参加でしたが、

1月13日のノボリ立てには参加。

DSC_0701.jpgDSC_0702.jpg

積雪

平成30年2月5日

DSC_0728.jpgDSC_0729.jpg

宇陀地方、積雪。

今年の寒波は強い。

2018年積雪

平成30年1月11日

宇陀市

DSC_0696-1.jpgDSC_0697-1.jpg

穏やかな年始めでしたが、1月10日から天候が雪模様になり、

11日には、積雪。

今の冬は、雪の量より、寒さが厳しい。

磨丸太製造2017年の年末

平成29年12月26日晴れ

DSC_0646-1.jpg

冬の日差しのさすタイミングをみて、

丸太を切りそろえて、背割りをいれて、

磨き丸太を製造中です。

2017年積雪

平成29年12月

DSC_0621.jpg

12月に入り磨丸太の製造もピークを迎えていますが、

12日の朝から降り積もった雪と寒さで、作業が中断しました。

今年の冬は寒さが厳しいです。

DSC_0622.jpg

20日を過ぎて雪も溶け、作業再開。

DSC_0638.jpg

冬は、木を切り出す。

切り出した木を皮をむく。

切りそろえて、背割りを入れる。

寒に干す。日陰で干す。

屋内に収めて、1年自然乾燥のくりかえし。

DSC_0636.jpgDSC_0639.jpg

初氷

平成29年11月22日

宇陀市

 

仕事場の水溜りが氷結。

冬の到来です。

これから、磨丸太の製造シーズンです。

DSC_0585.jpg

丸太の皮むき

2017-1012-1.jpg2017-1012-2.jpg

平成29年秋

今は、水圧を利用して丸太の樹皮を取り除いていますが、

それまでは、写真の柄のついた皮むきヘラで、一本一本むいていました。

写真の木は、まだ暖かい気候のせいで吸い上げる水がまだ止まっていないのか、

よくむけます。

2017-1012-3.jpg

むき上がりは、本来はもっと薄皮が残ります。

少し綺麗にむけ過ぎですね。

まだ、伐採期には早い感じです。