磨丸太(みがきまるた)

杉の丸太です。磨き上げて仕上げるところからその呼び名がきているようです。

銘木丸太の中では、一番身近で使用範囲も広く。

住宅用の内装、外装または、店舗用の装飾用に使用されます。

 

業界内では、短縮して「丸太」「磨き」などと言っています。

ときに「坊主」などと言ったりもします。

 

特徴は、クセのない「いかにも木だな」という感じの自然なところです。

「坊主」と言ったりするのも、ツルツルに磨き上げた表面の印象からだと思います。

直径が10cmから30cmで、長さは3mと4mの磨丸太が、

皆さんの身の回りでよく見かけるサイズだと思います。

それに、あわせて山林で、私達は木を育てています。

 P1060739.JPG P1060740.JPG

絞丸太(しぼりまるた)京木(きょうぎ)

絞丸太です。(京木とも言います。)

絞ったような模様が表面にあるところからの名称です。

床柱(床の間の飾り柱)として、研究改良を重ね

現在の模様をつける技術が確立してきました。

 

つまり、この絞ったような模様は人工的につけてます。

人造絞丸太とも呼ばれる所以です。

この模様、まだ森に育っている杉の木から、

真っ直ぐで、枝節などの無い良質なものを選んで、

箸のような形状の型を数多く、針金または針金状のモノで一本一本巻きつけていきます。

もちろん、木は生えた状態です。

成長に合わせて、表面に巻きつけた型がつきます。

タイミングを見計らい木を切出せば絞丸太の完成です。

簡単そうですが、生きてる樹木が相手です。

イレギュラーが多く、良い商品に仕上がるのは一握りです。

この頃は、床柱にこだわらず色々な使われ方をしています。

 P1060750.JPG P1060749.JPG

変絞丸太(へんしぼりまるた)

変絞丸太は、絞丸太の種類の一部です。

木に巻きつける型がことなりますが、

生産過程は同様です。

ただ、絞模様が複雑なため型を巻きつけている期間、

型を外して、絞模様に丸みをもたせる期間が数年ほど

通常の絞丸太より長くなります。

比較的太め15センチ以上の丸太で生産します。

九州地方で特に好まれ、太い変絞丸太ほど好まれるように思われます。

 

 P1060761.JPG P1060759.JPG

桁丸太(けたまるた)

大部分は杉丸太です。あとは桧丸太です。

写真は杉の桁丸太です。

 

桁丸太と言いながら、柱にも使います。

用途は、縁側の桁や大黒柱に使ったり色々です。

 

大雑把な言い方をすれば、

大きいサイズ、長いサイズの磨丸太です。

どれぐらい長いかといえば、

12mくらいの長さは驚かないのですが、

15mくらいになると、どんな建物なんだろと思いをはせてしまいます。

 P1060593.JPG P1060595.JPG

垂木丸太・海布丸太(たるきまるた・かいふまるた)

縁側桁と組合わせて、垂木(たるき)に使うことが多いので、

「タルキ丸太」と総称のように呼ばれます。

細い杉丸太です。

 

3cmから9cmくらいの直径で、

直径が6cmまでは、強度面などを考えて、

背割り(割れを人為的に入れて、丸太全体の割れを抑える)を

入れません。

5mを超える長さのモノも使うので、一概には言えませんが、

2mから4mくらいのモノが一般的だとおもいます。

 

聞きなれない言葉ですが、「海布(かいふ)丸太」の方が、

総称としてふさわしいかもしれません。

「海布」ですが、

海辺で布をほしていた道具の名前に由来すると聞いたことがあります。

もし詳しい方おられましたら、お教えください。

 

この「タルキ丸太」は、内装用の棹(さお)などにも使い。

節の有無や、長さなど、幅広く。

生産現場でも、杉林の手入れに細心の注意のいるところです。

 P1060765.JPG P1060766.JPG

面側柱(めんかわばしら)

面皮柱(めんかわばしら)と、書くこともあります。

名前は、磨丸太の表面に側を残して、削り面を取ったところからです。

削った面の木目の美しさを好むため、面に枝節のあとが出るのを嫌います。

また、綺麗な面と木目を出すためには、磨丸太の中でも、

真っ直ぐな丸太を加工しなくては良い品は出来ません。

主に面側柱は杉ですが、まれに桧丸太を面側柱にすることもあります。

お茶室などにも使われますし、住宅から店舗内装まで、

磨丸太と同様に使用範囲の広い商品です。

 P1060770.JPG P1060769.JPG

前丸床柱(まえまるとこばしら)

前丸床柱は、杉の株の張った丸太を側面と株の部分を面取りして、

株の木目を見せる床柱です。

たんに「前丸」や、面のとり方をタイコに挽くところから「タイコ」などと言いいます。

 P1070144.JPG P1070145.JPG

正面のタケノコ状に木目の見える部分は、カンナで仕上げてると、

ツヤのある木目が綺麗です。

この柱を好むのは、中国地方と兵庫県と京都の一部だとおもいます。

特に岡山県、島根県、鳥取県で好まれます。

ドラマや映画で、この地域の和室のシーンが映るときに、

あめ色になった前丸床柱を目にすることがあります。

木目も良いツヤが出ていて、月日が経つとああゆう風になるんだなと

感心することがあります。

 

正直、生産は限られています。

その理由は、生産条件が限られてくるからです。

 

まず、株に根の張っていること。

根の張りを正面として、木が丸太材として左右に反らずに、直材であること。

床柱として使用されるので、手入れの行き届いた丸太材であること。

太さが頃合の樹齢であること。

 

簡単そうですが、この条件がなかなか揃わないのです。

良い株の根に張りがあっても、手入れの悪い丸太では、ダメです。

反対に、手入れの良い丸太でも、根に張りが無いともちろんダメです。

手入れが良く、根に張りがあっても、自然が育てるの木なので、

床柱に使えない左右の反りがあることもあり、 

やっぱり前丸床柱としては、ダメです。

もちろん、若すぎて細かったり、育ちすぎて太くてもダメです。

 

条件の揃った山林だと、数本づつ隣あわせで育っていることもあります。

でも、ほとんどの場合、広い範囲を探してもみつけられないことが多いです。

 

最近は、手入れの良い山林が減り、良材を見つけることが難しくなってきているのが現状です。

 

天然絞丸太(てんねんしぼりまるた)

絞丸太が人工的に絞り模様を入れているのに対し、

自然に木の表面に絞り模様が入っています。

もともと絞丸太は、天然の絞丸太を模し製造が始ったものです。

この天然の絞丸太、昔からあるものなのですが、数が少ないのです。

生産数が少ない理由は、偶発的に自然界で天然に出来るためです。

たまたま、切り出した杉丸太の中に有るか無いかです。

模様は、人造絞丸太の模様が一定なのに対し、

天然の絞丸太は絞り模様が不規則で自然です。

木が大きく育ち樹齢を重ねるほど、

絞り模様が入る頻度が多くなるようにおもいます。

 P1060758.JPG P1060756.JPG

天然出絞丸太(てんねんでしぼりまるた)

杉の丸太に、絞り模様が出た感じなので、「出絞」です。

たんに「天然絞(てんねんしぼ)」「天絞(てんしぼ)」と呼んだりします。

対して、天然絞丸太を「天然入り絞(てんねんいりしぼ)」と呼んで、

区別したりしています。

 

「出絞」も「入り絞」も、「天然絞」なのですが、

「天然絞(てんねんしぼ)」「天絞(てんしぼ)」と言えば、

天然出絞丸太が一般的です。

それだけ、入り絞模様の「天然絞丸太」の流通量が少ないのです。

 

さて、天然出絞丸太ですが、自然とこの出絞り模様が出てくるので、不思議です。

模様は、写真のものが一般的ですが、他にも違った感じの模様のモノもあります。

用途は、床の間の飾り柱(床柱)が主です。

また、その模様の面白さから多様に使われ、

家具の部材に使用されているのも目にしたことがあります。

 P1060753.JPG P1060754.JPG

桧丸太(ひのきまるた)

桧は、杉と並んで良く耳にする木の名前だと思います。

磨丸太としての桧丸太は、杉磨丸太に比べ生産量が少ないです。

 

特徴としては、表面が杉に比べきめ細かく優しい感じです。

写真では、わかりずらいですが、実際に手でふれてみるとわかります。

また、桧は独特の芳香があります。

 

ただ、杉に比べ、桧丸太は、真っ直ぐさに欠ける傾向が有ります。

磨丸太は、製材せずに丸太のまま使用するので、

生産が杉磨丸太より難しい。またそのことが、

桧丸太が杉に比べ生産量が少ない一因でもあると思います。

生産量は植林面積や使用用途など他の要因もあり、

一概には言えません。

 

それゆえに、桧丸太は杉丸太より高貴なイメージとともに、

価格も総体的に、杉の磨丸太よりも高価です。

  P1060743.JPG P1060745.JPG

錆丸太(さびまるた)

錆丸太は、表面に写真のような黒いマダラ模様のある桧丸太です。

 

桧を伐木後、切り出さずに山中にて皮をむき、

地面と出来るだけ接地しないように桧丸太を切り株にのせて浮かせ、放置。

自然の力で、カビを付着させ錆させます。頃合をみて切り出し、ロウで磨き完成です。

色具合は、天候に大きく左右されます。制作時期は、おもに梅雨時期です。

 

お茶室に使うことが多いと思われます。

磨丸太に比べ、野趣的な見た目から小さな節あとは、

少しくらいなら有ってもよい傾向です。

お茶室に使うのに、そういった枯れた雰囲気が好まれるのかもしれません。

最近では、家具やカウンターの一部にも使われたりしているようです。

 P1060763.JPG P1060764.JPG

桧出節丸太(ひのきでぶしまるた)

たんに「出節」「桧出節」と呼ぶことの方が多いです。

あえて枝の多い部分を選び枝節を飛び出た状態の丸太です。

杉では、枝の付き具合が優しく、桧が出節丸太を作るのに適しています。

 

用途は、店舗の飾り柱や住宅の玄関柱などです。

枝の付いた見た目から、自然な雰囲気を感じる方も多いようで、

自然をテーマにした建物に多く使用されているようです。

 

特に枝を長く残した状態の商品をお受けする時もあり、

そのような時は、山林に探しに行ったりもします。

 

 P1060772.JPG P1060773.JPG

槙出節(まきでぶし)

高野槙(こうやまき)は神木だと言われています。

枝節のつきかた、木の形が桧の出節丸太とも異なり、

独特の姿をしています。

 

桧出節よりも生産量が少なく、寒冷な山林でしか

なかなか良い木に育ってくれません。

水にも強い性質で、温泉地の大浴場の装飾に使われることもあります。

 P1060775.JPG P1060774.JPG