錆丸太(さびまるた)

錆丸太は、表面に写真のような黒いマダラ模様のある桧丸太です。

 

桧を伐木後、切り出さずに山中にて皮をむき、

地面と出来るだけ接地しないように桧丸太を切り株にのせて浮かせ、放置。

自然の力で、カビを付着させ錆させます。頃合をみて切り出し、ロウで磨き完成です。

色具合は、天候に大きく左右されます。制作時期は、おもに梅雨時期です。

 

お茶室に使うことが多いと思われます。

磨丸太に比べ、野趣的な見た目から小さな節あとは、

少しくらいなら有ってもよい傾向です。

お茶室に使うのに、そういった枯れた雰囲気が好まれるのかもしれません。

最近では、家具やカウンターの一部にも使われたりしているようです。

 P1060763.JPG P1060764.JPG