小さな丸太

s-s-DSC_0079.jpg

2020年6月

奈良県宇陀市にて

杉の小さな丸太です。

垂木(タルキ)材に使うことが多いので、

タルキ丸太や海布丸太の名前で呼ばれます。

 

海布丸太の名称の由来は、

昔、食用の海藻(ワカメやアラメ等)の

干し竿に使用していたからと聞いていますが、

諸説あって定かではありません。

現在は、干し竿用に依頼される習慣はなくなっています。