DPD排気ガス浄化装置トラブル体験記

平成29年10月上旬

2017-1003.jpg

いすゞの中型トラックのDPDが、40キロ走行するたびに

手動燃焼のために停車しなくてはいけない状態になりました。

 

奈良県内のいすゞ直営工場に入庫して原因を調べて、

修理してもらいました。

 

症状は、DPD内のフィルターの汚れ、

修理は、DPDを分解してフィルターを高圧洗浄で、

新品の80〜90%まで機能が回復。

所要時間は5時間ですが、時間待ちなどをふくめて1日車を預けました。

代金は、3〜4万円くらい(症状によります。)

 

フィルターが汚れる原因は、排気ガス中のPM(粒子状物質)を効率良く燃焼させるために

混ぜるエンジンオイルの添加物が炭化してペースト状に付着するからだそうです。

 

走行距離が10万キロくらいになると、汚れの影響が顕著になり分解洗浄が必要になります。

目安として、

DPDオート燃焼が50キロに一回や、

DPD手動の燃焼が週に一回になると、

分解洗浄がおすすめだそうです。

 

DPDトラブルの原因は、

◎走行によるフィルターの汚れ。

◎排気ガス弁の不完全密閉(機械的な故障)。

◎インジェクター(オイル噴射口)の詰まり。

◎センサーの故障

です。

 

あと、DPD手動の燃焼ランプを無視して、走行を続けると、

車は燃料をカットしてDPD機能を抑えます。

この時点で、いすゞで、DPDのフィルターを強制燃焼する必要があります。

費用は1万円前後、所要時間は3時間くらいです。

強制燃焼は掃除ではないので、フィルターの汚れは残ったままです。

手動燃焼を強制的にするだけです。

 

さらに、無視して走行を続けると、フィルター自身が焼けてしまい、

フィルター交換に15万円ほどの費用がかかります。

 

さらに、無理に走行するとDPD本体の乗せ換えに30万円くらいの費用がかかります。

 

メーカー曰く、「毎年のフィルター分解洗浄を!」とのことですが、

お金のかかることですので、

オート燃焼が50キロに1回や、手動燃焼の回数が増えてくると

早めの分解洗浄をおすすめします。


あまり、何度も手動燃焼をしているとエンジンオイルが増える症状が出て、

エンジン本体にも影響をあてえかねません。

 

何度かいすゞの工場でお世話になって、

やっとDPDとの付き合い方がわかってきたきがします。