菅原神社火祭り2015年

平成27年10月25日

午後7時前より点火準備

DSC_0472.jpg

午後7時よりタイマツを十数人で肩にのせ歩き始め

時折、「よいと」のかけ声とともに

タイマツを胴上げする「さす」と、いう動作をして、

神社の石段へむかいます。

DSC_0478.jpg

 

そして、タイマツを神社の境内に奉納します。

「のぼる」や「おのぼり」ともいいますが、

漢字だと、奉ずるの意味をこめて「登る」か「昇る」だとおもいます。

DSC_0475.jpg

神事はすでに、タイマツの点火前より始まっていますが、

境内での神事は、タイマツの奉納から開始され、

神職による詔と、役(任命された担当者)によるお供えの奉納。

そして、最後に「ごくまき」お餅まきで締めです。

DSC_0476.jpg

雷神、菅原公をお祭りしているのと、

祭りに「ごくまき」をするので

収穫祭、特に米の収穫祭の意味合いが強いと感じています。

縁起にまだ詳しくないので、想像範囲です。

機会があれば、神社の縁起は知っておきたいです。