磨丸太の寒さらし

DSC_0608.jpg

2016年1月上旬

日光の当たり方や、風の方向などを気にしながら、

丸太を回転させて、乾きの悪いところに日光が当たるように、

日に何度も様子を見に行きます。

DSC_0609.jpg

樹皮のむきたての丸太は、赤くて暗い色をしています。

背割りを入れて、1週間〜1ヶ月くらい寒風にさらします。

DSC_0610.jpg

白くて明るい色合いに乾いたら、割れないギリギリまで日光に当てて、

屋内へ取り入れて、じっくり自然乾燥です。