2015年磨き丸太生産

平成27年9月上旬

周辺の田んぼで、稲刈りが始まるころ

細い丸太から、磨き丸太の製造開始。

DSC_0403.jpg

山林から、切り出した丸太は樹皮を水圧を利用して皮むきをして、

背割りという人為的な割れを丸太にいれて乾燥させます。

DSC_0398.jpgDSC_0399.jpg

まず、天日で十分に外気と日光にあてます。

気温が下がり寒くなると、乾燥速度はさがりますが、

製造期としては、15℃から0℃くらいの寒い気候が

適しているようです。

DSC_0408.jpg

表面から、表面の赤みと水分が抜けた丸太は、

屋内に収納して、

自然乾燥を開始。

出来上がりは、1年ほど待ちます。

DSC_0407.jpg