又兵衛桜(瀧桜)宇陀市

又兵衛桜1.jpg

宇陀市内には、戦国武将「後藤又兵衛」由来の又兵衛桜があります。

春には、観光客で賑わい。長蛇の列が出来ることもしばしばです。

 

史実では、大坂夏の陣で討ち死にしていますが、

その大坂城から、宇陀の地に落ちのびて、「水貝」と名乗り

生きながらえてとの伝承があります。

 

「鬼の真田(幸村)が、花の様な(豊臣)秀頼様を担いで、薩摩まで逃げおおせ」

の風聞が有ったくらいなので、後藤又兵衛の話もご当地だけにロマンが有ります。